おまつりごと

昨日は皆既月食でしたが赤い月を見る事はできませんでした。
18:30頃だったみたいですね。
月が赤くなる原因についてはこちらをご覧下さい。
今日は前々から気になっていた祭りの名前がわかったのでその話です。

世界には様々な奇祭がありますが、大学の授業で聴いた埼玉の祭りが気になっていました。
その時の記憶だとその年に80歳だか何歳だかを迎えた人が参加できて、棺桶の中で一晩過ごして死を疑似体験するというような内容だったと思います。
当時は「じゃらんこん祭り」と聞こえて、検索してみたのですが見つけられなかったものです。
それで久しぶりに思い出して検索したところ、どうやら「ジャランポン祭り」だったようです。
カタカナ表記なことに若干衝撃を受けつつ、色々見てみると特に年齢がどうとか関係ないし、想像ではその町だか村の数名がという感じだったのが、どうやら順番で回ってくるのかその年に入る人が決まっていて、儀式としては生き仏を弔うということで葬式を行うもののようです。
会場は下久那の諏訪神社などいくつかあるらしく、夕方から町内の人が集まって酒盛り、ある時間になるとみんな赤ら顔で儀式を始めて〜、という感じらしい。

だいぶ長いですが動画がありました。

奇祭というと大規模だったり裸だったりが多いイメージですが、これはちょっと違っていていつか見に行きたいところです。
ただ、3月なので早くても一年後ですが。

この辺りの祭りだと赤羽馬鹿祭りが近々ありますね。
私は行けませんが、行った事がない方は是非見てみてはどうでしょうか。
ぼーっとしてたらすぐ夏になって盆踊りとか色々と見たい祭りが出てきそうです。
ガムランを聴ける沼袋の百観音の献灯会とか、万灯を掲げて団扇太鼓で盛り上がる鬼子母神御会式。
盆踊りも色々行きたいところです。

では、今回はこんな感じで。

--
関連記事