踊り狂う

人間を壊さない為に店を休んで河内音頭に。先日、同じイニシャルの方からたまたま情報を仕入れて、今週滅入ってしまて鬱入りかけを抜け出すにはちょうどいいということで行ってきた。

錦糸町だったから行く前に姉の家に寄ってきた。相変わらずギターを練習する。左手の指の皮が少しもどってきた。
雨が降ってたからなかなか出る気になれず、18時半くらいに出る。
全然日程以外調べてなかったからgoogle mapで会場の高速の下の公園を探して行くも、何もない。誰もいない。ツイート検索して位置情報あるやつを探してみたた四つ目通りの向こう側。結局19時くらいに会場に、たいそうな人だかり。ひとめ見て、ヤバい。と。最近の小学生的に言えば、まじぱねぇ。ということになる。
踊ってる輪の中に入っていきなり驚く。小台公園の盆踊りをいつも櫓で踊っている鈴木くんがいた。
ちょっとわけがわからない。
小台だと話しかけれないけど、一旦曲が終わってから話しかけてみた。大したことは話してないけど、小台の盆踊りをもっとちゃんとしたものにしましょうということを言った。まず自分が練習に出ろという話かもしれないけど。
こんな踊りが好きな人だったんだなと勝手に親近感を覚える。一応宮城小の後輩です。

そんなこんなで曲が始まり、バンドの演奏に合わせて河内音頭を踊る。
一応youtubeで河内音頭を予習していたけども、なんか違かった。まずは一番外の輪。一応youtoubeで見たやつの動きがちょっと変化してるような。大体覚えたら自分なりに楽しい踊り方を探して踊る。
でもここ、素晴らしいことだけど踊れない人もみんな加わってくるから結構狭い。気を遣わないと行けない。
踊は三種類。輪が三周あって、一番内側のゆったりしたやつ、その回りの鈴木くんとかが踊ってる飛び回るやつ、一番外側のだいたいみんな始めにやるやつ、がある。
一番内側はおとなしめに優雅に踊る感じ。その回りは結構激しい。ここで、前に佃島の念仏踊りに行ったときに見たような女性がいた。この方は踊がうまく、もしくは似合う人で参考にしたくなる人。少し後ろにつこうとしたら前に初心者が(自分もだが)三人くらい入って全然見えない。基本的に盆踊りは上手い人が見えてないと全然覚えられない。いや、踊れない人を見てても覚えられない。だからしばらくはぎくしゃく踊っていた。でもおぼえると真ん中の周が一番面白い。
最後までここで踊ってよかった。
終わった後に先の佃島の方に声をかけてみた。あちらも「どこかで会った事ありますよね?」と言って案の定佃島にいた方だった。盆踊りに顔を出してるだけでそんなことが起こるものなのだなぁと感心した。今回得た情報としては郡上おどりが6月に青山であるということ。オススメされたから来年行く事にする。
また来年、どこかの盆踊りで会いましょう。

河内音頭、楽しい。熱気もすごい。来年も店休んでくる。8月の第四水木。

今回決めたことは、行きたい盆踊りの時は店は閉めようということ。この為に一年過ごしてるようなものだから。そうゆう店です。ご了承ください。うちの店に来るならこっちに来た方が楽しいと思う。
これで踊り納めではなく、9月、うちの定休にあたってる初台阿波踊り。これに向けてあとひと月生きて行こう。

楽しかった。楽しかった後には気分は落ちるけど、耐える。

すべての写真-197

--
関連記事