何かは突然おとずれる

特に最近は気になることがない。
でもいろいろとやろうとしているからそんなはずはないんだけど、このブログは気になったことを書くということで書いていて、そろそろ書かないとなと思っていざ立ち向かうと気になることが思いつかない。

店のTwitterアカウントはそのときどきの思ったことを書いているとは思う。
だから、店のアカウントだと思ってフォローしても大体の場合は「なにこれ、うざい」となるかもしれない。
ブログも、一体こんなブログを書いていて何になるんだとか、別に何かを褒めるわけでもないし、褒めている時もあるけど、何か有益な情報があるわけでもないし、人によってはひょっとしたらあるかもしれないけど、ブログなんてやらなくてよかったんじゃないかと思う。
始めた理由は、どこどこの店のブログっていうのは店のこととか、というよりは店のことに主軸をおいて書いてて、それを見ていても別にそんなのが知りたいわけじゃないとか思ったりしてて、店の為に、生活の為に頑張ってひねり出して書いてる人たちには少し申し訳ないとは思うけど、結構どうでもいいというか、ある日を境に更新がなくなったりするからみんなブログなんてやらなきゃいいのにとか思ったりする。
そうゆうブログを否定しているわけじゃなくて、興味がないから、じゃあ自分ならどうゆうブログは興味持てるかって考えて、単純に店主の事が少し分かるようなものがいいなということにした。
店主の事なんて多分、店に興味ある人にはどうでもいいことかもしれない。
自分の意見は多数派でない時が多いからきっとうそうだと思う。
でも、ちょっと自分を主人公にしてしまっているから客観的に見ると、やっぱり興味がないかもしれない。
それと、更新を止めたらやらなきゃよかったのにという側に入ってしまうからなんとか書いてみる。

なぜかタイトルは決まる。
でも書こうとするとどうにも浮かばなくなる。
ブログ。ウェブ ログの略。ウェブ上にログを残すという事だろうか。
ログって何だ。少し調べるともとはコンピュータ用語でデバッグの為にとったりする記録のこと。
そこから意味が広がって記録=ログくらいの感覚なんだと思う。
その日の記録を書くといっても、最近は日記を書いているからここで書くこともあまりない。

何かは突然おとずれる、ということだけど、考えてみるとこれは本当で、何かは突然おとずれるものだ。
昨日、その突然の何かがあって、今日からちょっと変わった。
気になる事と思ったことって少し方向性が違う気がするから難しいんだと思う。
思ったことは過去のことで、気になることは未来のことな気がする。
未来のことはあんまり想像できない。何かが突然おとずれるから。

そう言いつつもひょっとしたら次の日にはノリノリで書いてるかもしれないし、突然の何かというのはすごい力を持っているんだなと思った。

学下コーヒーにお世話になったので、これからもお世話になると思うから、なんかできたらなぁと思う。
こんなこと書いてて、こんな店行くもんかと思う人もいると思うけど、それはそれでいいと思う。
みんなが好きなんてのは狂ってる。

水のゆめ8
その他の短編ズの森脇さんが作っているzine。水のゆめ です。
すごく面白いからodai magazineもこれくらい面白いことを書いたりしないとなと思ったけど、これは自分にできる芸当ではないからできないと思う。
Lilmagで購入できます。
これは少し有益な情報かもしれない。

コーヒーのこととか書いたらいいんじゃないかと思う人もいるかもしれないけど、こんなところで少し書くコーヒーのことよりも、もっと日頃コーヒーのことだけ書いているブログを見た方が絶対いいから書かない。

無駄に長かったですね。お疲れさまです。

--
関連記事