ブログを再開

やはり更新がないものはないほうがいいということになってしまうから、何をかいたらいいかというのもあるけど再開します。中身が増えれば何かあるかもしれない。

HPの改変についてはどうやったらそれぞれのコンテンツがうまく配置できるかというのが難しくて、時間かかったけどこれでひとまず満足という感じで。

内装に関していじりたいという部分はまだ全然手をつけられてなくて、まずは必要ないものを無くして、その上で必要なもの、それによってどう配置するのがいいかとか、考えないといけない。
とりあえずはテーブルのためのソーホースを作ったり、電球もっと増やしたいからソケットも作ったり、もうちょっと店をまともにしたい。壁とか、どうしたらいいだろうをゆっくり考えたい。

10月に休みに入って、9月は後半からよくなってきてた体調がまた悪くなって病院行ったりであんまり何もできてなくて、まだまだこれからというところ。

休みに入って出かけたというのは昨日のこと、眼科の帰りというか眼科で外出たついでに青山のスパイラルで神楽岡久美さんの「光を摘む」展を見に行った。

夏に横浜のBANK Artというところでレジデンスを見に行った時に気になった方。普段、アートに関することの仕事をさせていただいてるもののアートに造詣の深くない私はなんとも言えませんが、スパンコールのような鏡の粒に跳ね返る光というのがなんだかすっと入ってきて、すごくいいなと思って見てきました。

調子がよくなってきたのはタブラのおかげだろうか。今後の経過に期待したい。

--
関連記事