世界コーヒー散歩 第三夜

高円寺、コクテイル書房にて月一でどこかの月曜にやらせてもらっているコーヒーについてしゃべるような企画。第三回目はブラジル散歩です。

今回はちゃんと資料を配れました。
一応、メモ用に1,2,3みたいな数字を振ったものの、何を書いてもらおうとしてたか忘れてしまいました。
でも話そうとしたことは一応全部話してるので問題無いです。
今回は同じ豆の焙煎違いによる味の違いを見てみました。
使用したのはブラジルのイエローブルボンという通常赤く育つ果実が黄色のものです。普段うちではアイスコーヒーのデフォルト豆として使用してます。
個人的な所感としてはこの豆はうちで扱っている焙煎では程よい甘さなどがあって飲みやすいから好きなんですが、もう少し焙煎を進めると結構苦くなります。
今回は温度での色変化も豆を並べて見せることができました。

飲み比べた結果は、8割くらいが苦い方が好み、ということでした。
アイスコーヒーはこうゆうイメージだったり眠気覚ましには苦いほうが、というような意見を聞けました。
テーマ曲は忘れてしまい、なかったことにしようかと思ったら最後にうたうことになりました。
それにしても、いつも沢山いらして頂いてありがたい限りです。

次回は9/5の月曜日にジャマイカ・カメルーンを散歩します。
定員10名、1300円でコーヒー豆のおみやげつきです。
でかけようコーヒー散歩

--
関連記事