SCAJ 2017 に行ってきました

ゆりかもめにゆられて大きなコーヒーの展示会に行ってきました。

SCAJというのはSpecialty Coffee Association of Japanの略です。
組織名ですが、展示会の名前もそのままです。スペシャルティコーヒーの祭典といった感じではありますがそうでないものも中には。

バリスタチャンピオンシップなど見て面白い催しもあります。
こちらは基本的にエスプレッソを使ったレシピですが、ドリップやエアロプレスで競うブリュワーズカップという大会もあります。

全て見たわけではないですが、エスプレッソレシピは低温抽出、炭酸で割るというのが多かったように思います。
泡を使うことでコーヒーの香りを引き出す試みなのだと思いますが、先端はどんどん進んで現実味がわかなくなります。
一方、ブリュワーズカップは身近でした。こちらもやはり低温抽出です。
どちらもどの豆を使うかというのが重要なファクターになりますが、その豆に合わせて最高のレシピを用意して競っています。

大会以外には焙煎機、エスプレッソマシン、コーヒー器具などの出展があります。
コーヒー器具の中で気になったのは有田焼のセラミックフィルターでした。
試飲でエチオピアの豆を淹れて貰いましたが、普通に美味しいので非常に便利だなと。
marzoccoのエスプレッソマシンもだいぶ安く売っていましたが、流石に買い替え資金がありません。
そんな中でカッピングのできるブースがあり、そこでちょっとカッピングしたんですがだいぶ美味しくて、コーヒーの美味しいかどうかは抽出方法より豆それ自体の比重が非常に大きいと感じました。

店開ける前に行ってきたのであまり時間がなかったですが美味しいコーヒーを飲めて楽しかったです。

--
関連記事