ゆん

フィールドワーカー。世界中のあらゆる哀しみを収めた「哀しみの百科事典」を編むべく
大きな無情を抱えながら日々絶望の荒野を練り歩き、フィールドワーク。
編まれた百科事典は

誰からも紐解かれないまま世界の終わりを待つという。