善養寺彩代

東京藝術大学作曲科卒業、同大学院音楽研究科在籍中。
2016年 遠藤千晶氏のリサイタルにおいて、箏コンチェルト作品が日本フィルハーモニー交響楽団によって初演される。
伴奏などピアニストとしての演奏活動だけでなく、歌手として多くの新作初演にも携わる。また邦楽やクラシック音楽の作編曲、舞台や映像作品への音楽も手がけるなど多岐に渡って活動中。