小宮知久

1993年横浜市生まれ。作曲家。コンピュータを用いた作曲により、
テクノロジーと身体の関係を再考・攪拌し、アコースティックな作品
からライブエレクトロニクス、インスタレーションの制作をしてい
る。東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。 近年の活動に『泳
ぎつづけなければならない』(2016、TOKAS本郷(旧TWS本郷)、
個展)などがある。