山下哲史

ターンテーブル奏者/作曲家。東京都荒川区在住。
ハードコア・パンクバンド「猟友会」、ローファイ・プログレバンド「CxGx」での活動を経て、2017年頃よりターンテーブル奏者としての活動を開始し、楽器としてのターンテーブルの可能性を極限まで追求した”ノーディスク・ターンテーブル”の演奏スタイルを確立。
ノイズからディスコ・ファンク、現代音楽までをも横断する特異な音楽性に注目が集まっている。
また、舞台音楽作曲家/文芸考証家として、下北沢OFF・OFFシアター、下北沢駅前劇場、下北沢「劇」小劇場、新宿サンモールスタジオなど、数多くの演劇公演に携わり、小劇場界からの信頼も厚い。