泰平

現代美術家。本名は施井泰平。スタートバーン株式会社代表取締役。東京大学学際情報学府所属。ユカリアート所属。4〜10歳、17〜18歳と25歳をアメリカで生活する。多摩美術大学絵画科油画専攻を卒業後、2003年ころから「インターネットの時代のアート」をテーマに作品を発表しはじめ、ネット上のプロジェクトと並行してギャラリーや美術館など、実空間での展示も行うようになる。startbahnの中心発明で2008年に日本で、 2011年にはアメリカで特許を取得。2014年3月スタートバーン株式会社を設立、代表取締役に就任。同年10月東京大学構内にある産学連携プラザに事務所を構える。
Geisai#9 安藤忠雄賞、ホルベインスカラシップ奨学生など賞歴多数。過去には渋谷カリガリや秋葉原MOGRAのアートディレクションも務めた。