kazuki okada

ねじくれポップバンド「極東ピーコック」のフロントマン=岡田和樹によるソロ・ユニット。
ダーク・アンビエントを基調としつつ、硬質なギターサウンドと実直なヴォイスによって、耽美に構築されながらも暴力的に崩壊していく音響空間は、ノイズミュージックの新たな地平を感じさせる。