Ultrasonic analchang orchestra

イルカやクジラ・コウモリなどの生き物は人間が聞くことのできない領域の音。超音波を使ってコミュニケーションをとっている。
超音波(ultrasonic)とは人間の耳には聞こえない高い振動数をもつ弾性振動波(音波)である。
20kHz以上の音波であり『超音波は振動数が毎秒2万ヘルツ以上で定常音として耳に感じない音』と定義されており、可聴域の音と物理的特徴は変わらず、人が聴くことができない音である。

ultrasonic orchestraは人間の可聴領域を超えた音、超音波によるオーケストラである。

人間は超音波を聴くことはできないが、
超音波を発声する事は可能である。
ultrasonic orchestraが超音波ヴォイスの analchangをメンバーに迎え入れたultrasonic analchang orchestraという形式での活動は2014年よりはじまる。

ultrasonic analchang orchestraの
今回のライブでは超音波による宇宙との交信を試みます。

私たちの目に見えるもの、耳で聴こえる音を超えたところで世界はオーケストラを奏でている。人間の認識範囲を超えた宇宙の音楽を
私達は受け取ることができるだろうか?

宇宙からのメッセージを貴方は聴く事が出来るだろうか。