画像

BOLIVIA – KUSILLO

クシジョ

バランスの良い酸味が心地良いコーヒーです。フルーティーさの中に少しだけスパイスを感じられます。  ボリビアは6000m級の山々や渓谷、アマゾンなど、そのバラエティに富んだ地理的要因のため、地域によって気候がまったく異なる珍しい国です。その中でもアンデス山脈とアマゾン川の原流域の丁度中間にあたる地域は「ユンガス」と呼ばれ、その高い標高と肥沃な土壌から高品質のコーヒーが栽培される地域として知られています。そのユンガスの中に位置するラパスでアグリカフェ社は生まれ、8つの自社農園の運営、また、地域のコーヒー農家さん達の支援を精力的に行っています。 クシジョ農園はその自社農園の1つで、1500mを超える高地にあり昼夜の寒暖差が大きい為、コーヒーチェリーはゆっくりと育ち、内部に糖分をしっかり蓄えることができるのです。そして真っ赤に熟したチェリーは、教育されたピッカーたちによって丁寧に摘まれ、その日の内にウェットミルに運ばれます。このように、丁寧な品質管理によりクシジョ農園は営まれています。 地域:ラパス県カラナビ地区南部ボリンダ 農園:クシジョ 標高:1500〜1850m 品種:レッドカツーラ、イエローカツーラ 精製方法:ウォッシュト 風味:りんご、オレンジピール、スパイシー、明るい、果実感 焙煎:浅煎り