プレスのコーヒー

特にどこにも書いてませんがスペシャルティコーヒーを焙煎して提供しております。時々シングルオリジンの豆だったり使いますので、豆の味をダイレクトに感じられるプレスでの抽出をおすすめしようと思います。

コーヒーはあくまで嗜好品なので、これといって正解があるわけではありません。
ある人がいくら旨いと言っても、またある人は不味いと言う可能性は常にあります。
店主の嗜好としては、浅めの、酸味を〜というコーヒーになります。
苦いコーヒーはその苦味のなかに甘みがあったりして美味しいと思ったりはするんですが、「美味しいコーヒーって何だ?」というオオヤミノル氏の本のなかでも話が出るように、豆の差とうところの比重が薄れるためそもそもスペシャルティという品質の豆を使う必要性も無くなってくるんじゃないかと考えています。もちろん、深煎りでもキャラクターの違いはありますが、単に自分の目指すものではないということです。
オオヤ氏は逆に深煎りの方なのですが、気になる方は本を読まれて見てもいいかもしれません。

そんなわけで、深煎りの部類に入る焙煎も一種類だけしておりますが、基本的にはシティローストという、中煎りくらいまでで焙煎しています。
焙煎というのはコーヒー豆の生豆を焙り焼くことで、ステーキでいうレア、ミディアム、ウェルダンみたいなものでしょうか。それも好みですね。
その焙煎によって、あまり火が通ってない浅煎りというのはコーヒーの酸味がよく出ます。酸味と言っても酸化して酸っぱいというネガティブな印象の言葉ではなく、果実のようなものです。
逆にこげ茶とか黒っぽい色のものを深煎りといって、こっちは苦味が強くでます。

本題に戻しますと、プレス系の器具で抽出するとペーパードリップよりも豆本来の味が楽しめるという感があります。語弊があるかもしれませんが、酸味を感じたい場合はフレンチプレスやエアロプレスで抽出するのがいいと思います。どちらも豆をお湯に浸してコーヒー液を抽出するというイメージなので、味が強くでるのだと思います。エアロプレスに関してはそこに圧力をかけて押し出すからか、より酸味が目立つ印象です。
もしこの記事を読んで気になったかたはご注文いただけたらと思います。

--
関連記事