さいきんのハロプロを聴く会

特にタイトルに挟んでないので表立ってはいませんが、泰平とチャゲアスの日々に続く語るシリーズの第二弾あらくれ句会を主宰されている俳人の中村安伸さんがハロプロについて語られました。

 今回はプロジェクタを用いて、メンバー変遷と、中村さんの好きな曲を流していただく形態となりました。
個人的にはまったく知らない時期のモー娘。などの話だったので、淡々と進んで行く中置いてけぼりをくらった感じがありました。逆に終わった後にみんなで話してみたり、弱っている時に薦められて聴いたらハマったというような個人的な体験や感情と絡めた話だと消化しやすいように思えました。今後の語るシリーズに於いても参考にできればと思います。
今回の語りでは店主はハロプロの魅力が何だったのかあまり共感を得られなかったので、また中村さんにリベンジをしていただけたらと思います。
こんなやったことないようなことにお付き合いいただいてみなさまありがとうございました。でも、こうゆうことを楽しんでいける店になればと思います。宜しくお願いします。

--
関連記事