Klavier in der BRÜCKE #5
-橋のピアノ-

日程: 2016.02.12 金

出演: pre-nyt(ぷり・にゅっと) 斉藤 友秋

料金:2000円+1drink

時間:open 19:00 / start 19:30

BRÜCKEのピアノを維持するためのチャリティー企画です。
今回は歌謡曲を提供し合うという形式のようです。
ピアノはその皮膚を剥がすことがあるのかどうか、今のところわかりません。
詳細は斉藤さんのブログをご確認ください。

pre-nyt(ぷり・にゅっと)

今井飛鳥と森崇博による、現代音楽畑出身の二人によるエレクトロニカユニット。
諧謔的な詞と抒情的な音響によって存在の悲哀と世界の美しさを歌う。
ユニット名のpre-nytのpreは英語の接頭辞である「(時間・順序などが)前の、以前の」、nytはフィンランド語でtwitter的に言えば「なう」にあたる。

斉藤 友秋

1978年、埼玉県生まれ。
中学生の頃に弾き始めたエレキギターの影響からロックに傾倒する。
2003年より京都に居を移し、ギターとチェロによるデュオ「細胞文学」を結成。
静と動から生れる「間」を基調とした音楽性が音楽界だけにとどまらず多方面から支持を得る。
2009年のスペイン旅行を機に再び関東に居を戻し、クラシックギターによる作曲に着手、
独学による作曲法を用いて自身の新たな領域への創作に挑戦している。