Klavier in der BRÜCKE #6
-橋のピアノ-

日程:2016年4月22日 Fri

出演: ハラナツコ 菅原雄大 斉藤友秋 

料金:2000円+1drink

時間:open 19:00/start 19:30

斉藤友秋さんによる店のピアノを維持するためのチャリティー企画です。
今回はアルトサックスのハラナツコさんとチェロの菅原雄大さんをお招きして。
どうぞお運びください。

菅原雄大

エレキベース、ギターなどで様々な形態での活動を続け、2009年頃からチェロに転向。
エフェクター等を使ったチェロ弾きとしては一風変わったスタイルでの活動を展開。
その後、バイオリンも弾き始め、非クラシックのフリーフォームな演奏で、バンド、 サポート、即興演奏、劇伴などの場でチェロ、バイオリンを演奏する。
現在はチェロをメインに、本来の生音での演奏で関わる、複数のグループに所属。
所属グループにトラペ座、山村暮鳥のうた、ケバブジョンソン弦楽五重奏、biobiopatataなど。

ハラナツコ

80年代うまれの全天候型サックス吹き。
15歳当時、サックスに種類がある事を知らず、テナーに憧れていたものの間違ってアルトをチョイスしそのままアルトメインに。
現愛器のローンと会社を卒業後、本格的にバンド活動を始める。
紆余曲折で今の生活にたどり着き、路上や屋内外問わず楽器を吹く日々を過ごしている。

Twitter

斉藤友秋

1978年、埼玉県生まれ。
中学生の頃に弾き始めたエレキギターの影響からロックに傾倒する。
2003年より京都に居を移し、ギターとチェロによるデュオ「細胞文学」を結成。
静と動から生れる「間」を基調とした音楽性が音楽界だけにとどまらず多方面から支持を得る。
2009年のスペイン旅行を機に再び関東に居を戻し、クラシックギターによる作曲に着手、
独学による作曲法を用いて自身の新たな領域への創作に挑戦している。

野鳥入門