おみやげ論

日程:2016年8月21日 Sun

語り手: DJ半額 

料金:300円

時間:15時スタート

語る第7回。
DJ半額がおみやげのネクストステップにあなたを誘います。

以下、概要です。
—–
 「まさにこういうものがほしかった!」というおみやげ。相手の方から、これまでに何回もらったことがあるでしょうか?

 「〜さんに、会心のおみやげをわたすことができた!」胸をはって言うことができるおみやげ。相手の方に、これまでに何回渡すことができたでしょうか?

 贈与における、贈る側と贈られる側のミスマッチ。双方の意識を完全に意識を同調させることなど、西暦2016年現在ではできません。それゆえ、事故が起こりえるのは当然です。しょうがないことです(もっとも、行き違い、間違い、ズレetcが許されない社会なんか息苦しくてたまりません。ズレがあるからおもしろいとも、思いますし)。それでも、今よりはちょっといい仕組み、今よりはマシな世の中にするために、人類は努力を重ねてきたのではないでしょうか?私の提唱する、新しい”おみやげシステム”も、それのひとつなんじゃないか?などと思ったりすることもあります(自信がありません)。

 さて、前口上が長すぎたようです。私の提唱する「新しいおみやげのシステム」について簡単に説明させてください。贈る側は、自分の買える範囲で(運搬できる量、経済状況に応じて)、おみやげを買ってきます。贈られる側は、それらの中から自分が欲しいと思うおみやげを選びます。ここでポイントとなるのが

㈰贈られる側は、欲しいものを欲しいだけもらうことができるということ

そして、これは裏をかえせば

㈪おみやげをもらわない

こともできるということであります。

 当日は演習を交えて、話を進めます。今夏、ウズベキスタンに旅行に行ってきました。当地で購入したおみやげをひろげますので、その中で欲しいものがあれば、お持ち帰りください。

 なんだか、どうにも話が堅苦しくなってきがちで、申し訳ありません。「まあ、欲しいもの、使いたいもの、食べたいものがあったら持っていってくださいね。別に欲しいものがなければ、もらわなくて全然大丈夫ッス」という話です。
—–

※語るは店の奥側でやっています。手前側は通常営業してますので横耳で聞いてみるかという方も是非どうぞ。Periscopeで配信しますので来れない方も24時間以内見れるときにどうぞ。

DJ半額

ーーーーーーーーーーーー
年齢:ひみつ
性別:ひみつ
職業:ひみつ
住所:ひみつ
秘密:ひみつ
ーーーーーーーーーーーー