ナカムラアヤ 展示 オープニングライブ

日程:2016年11月23日 Wed

出演: すずえり Alessio Silvestrin 

料金:投げ銭 + オーダー

時間:17時スタート

「des objets sonores et sans nationalités」音の鳴る、国籍のないオブジェ
の会期初日に、すずえりさんとAlessio Silvestrinさんにライブをしていただきます!

投げ銭なのでフラッと立ち寄った方もご覧頂けたらと思います!

あのねこ食廊によるキッシュ等の販売がございます

 

suzueri
すずえり
1998年にChildiscよりアルバムをリリース。以降、Lakeside++、沢田穣治/河合拓始両氏とのトリオでのアルバムなどを制作。近作には、ロジャー・ターナー/秋山徹次/大城真とのアルバム[live at ftarri]など。ピアノとヴォイスを用いた演奏を軸に、楽器と自作装置を組み合わせた落ち着きのない感じの演奏や展示を行う。

dsc00603
Alessio Silvestrin
ダンサー、振付家、作曲家として日本を拠点に活動し、多彩に活躍するイタリア出身のアレッシオ・シルヴェストリンが、カールハインツ・シュトックハウゼンの音楽に基づき、日本的なセンスを織り交ぜつつアレンジした曲他をトイピアノ他で演奏します。

2017年1月にはフロリダで開催される国際トイピアノフェスティバルへの招聘が決定しており、現地で演奏予定の楽曲を演奏していただきます。

 

11/23のオープニングライブで演奏していただく楽曲についてのご説明です。

 

スレッド(アレッシオ・シルヴェストリン)
2台のトイピアノのための作品

 

ティアクライス(カールハインツ・シュトックハウゼン)
2台のトイピアノ、4つの鈴、木柾のための、アレッシオ・シルヴェストリンによる編曲

 

パウコン(アレッシオ・シルヴェストリン)
2台のトイピアノ、トイガムランのための作品
スレッドではフィボナッチ数列が2台のトイピアノの音域に割り当てられます。
シュトックハウゼン作曲のティアクライスは、黄道12宮のための12のメロディーのサイクルです。
各々のメロディーは12半音階に対応しています。
210日からなるバリのパウコン暦が、バリの伝統的な音階を使用して、2台のトイピアノと1台のトイガムランに適用されます。

 

PAWUKON

PAWUKON from Alessio Silvestrin on Vimeo.

Alessio Silvestrin

ダンサー、振付家、作曲家として日本を拠点に活動し、多彩に活躍するイタリア出身のアレッシオ・シルヴェストリンが、カールハインツ・シュトックハウゼンの音楽に基づき、日本的なセンスを織り交ぜつつアレンジした曲他をトイピアノ他で演奏します。

2017年1月にはフロリダで開催される国際トイピアノフェスティバルへの招聘が決定しており、現地で演奏予定の楽曲を演奏予定です。

すずえり

1998年にChildiscよりアルバムをリリース。以降、Lakeside++、沢田穣治/河合拓始両氏とのトリオでのアルバムなどを制作。近作には、ロジャー・ターナー/秋山徹次/大城真とのアルバム[live at ftarri]など。ピアノとヴォイスを用いた演奏を軸に、楽器と自作装置を組み合わせた落ち着きのない感じの演奏や展示を行う。