ひっそり橋 vol.4

日程: 2017.09.23 土

演奏: 斉藤 友秋 

料金:自由

時間:16時頃から

展覧会の中の音楽。ということで催しているひっそり橋です。
今回は河合真里さんの作品の中でギター教室等でもおなじみの斉藤友秋さんをお招きして。
作品に寄せてた演奏になる予定ですが、エレキギターとエフェクターを使用しての演奏なので普段の斉藤さんのスタイルとはだいぶ違ったものになるかと思います。
生音に耳を澄ますという趣旨のある企画でしたが、今回は電気を。電気の拡声を絞るというのもあるかと思いますが、なにをもってひっそりするかはその時々でしょう。
いらした方は音を聴くと同時に展示もお楽しみください。

斉藤 友秋

1978年、埼玉県生まれ。
中学生の頃に弾き始めたエレキギターの影響からロックに傾倒する。
2003年より京都に居を移し、ギターとチェロによるデュオ「細胞文学」を結成。
静と動から生れる「間」を基調とした音楽性が音楽界だけにとどまらず多方面から支持を得る。
2009年のスペイン旅行を機に再び関東に居を戻し、クラシックギターによる作曲に着手、
独学による作曲法を用いて自身の新たな領域への創作に挑戦している。