KONTAKTE

日程: 2019.11.17 日

中山貴史 コトリコ キドウラコウイチ 山下 哲史

料金:

ギタリスト”キドウラコウイチ”と、ターンテーブリスト”山下哲史”の呼びかけのもと、TOKYOアンダーグラウンドシーンの怪物たちが集結するノイズ/実験音楽会。
ライヴハウスでの爆音演奏に慣れた音楽家たちが、”音量制限のあるカフェ”というアウェイな環境で、オリジナルかつユニークな演奏を披露できるのかを検証する、真の意味での実験イヴェントです。
制約に飲み込まれてしまうのか、制約を逆手に取るかは、各音楽家の腕次第となります。
オーディエンスにとっても、BRÜCKEで珈琲を味わいながら、耳をすまし、わざわざノイズを聴くという貴重な知覚体験となることでしょう。

店主はこの会ではカレーを作ります。
今回のカレーは緑っぽいカレーをイメージしたいと思います。

前回は脳波演奏につい笑みを浮かべる方もちらほらいらっしゃったかと思います。
今回はどのような夜になるのでしょうか。

中山貴史

(from 音1000000000/1000000000)
音1000000000/1000000000のレパートリーをソロでやるという自身史上最もネイキッドなパフォーマンス。アナタの部屋から超大型野外フェスまでどこでも対応可能なのでライブオファー大募集!そして一緒に楽しんでくれるメンバーも大絶賛募集中!

コトリコ

キドウラコウイチ

ギタリスト。フリーフォーム・マスロックユニットworld wide size、アヴァンジャズトリオkiyasu orchestra、パンクノイズバンドHAIGANほか、数多くのバンド/ユニット/セッションで活動中。 今回はDOKKUNとのセッションで参加。

山下 哲史

ターンテーブル奏者/作曲家。楽器としてのターンテーブルの可能性を極限まで追求した”ノーディスク・ターンテーブル”の演奏スタイルを確立し、ノイズからディスコ・ファンク、現代音楽までをも横断する特異な音楽性に注目が集まっている。